限度額いっぱいまでカードローンを利用した体験談

カードローンの契約をしたとき、30万円の限度額が用意されました。
他社借入はありませんでしたが、初回融資の額としては妥当なのでしょう。
年収は400万円ほどあるので、100万円はいけると思いましたがそれほど甘くはありません。
カードローンを利用したきっかけは、財布を紛失したからです。
2万円ほど現金が入っていたので、その分だけ借りたいと思ったわけです。
そのため30万円という限度額でも不足はなく、追加融資を受けることはないと考えていました。
しかし現実的には、使えるお金があると考えると使いたくなるものです。
今まで物欲はあまり感じたことはありませんが、使えるお金があると思うと欲しいものが色々と出てくるのです。
お金がないときは、いかに物欲を抑えていたかがわかりました。
そうして何度か追加融資を受けていると、お金を借りることに抵抗がなくなっていきます。
口座からお金を出金するような感覚で、何度も借入するようになったのです。
借りることに抵抗がなくなってから、30万円の限度額いっぱいまで達するのに半年はかかりませんでした。
枠いっぱいまで借りてわかったことは、本当に必要なときに借入できなくなることです。
すでに30万円まで借りている状態だと、返済しないと残枠が空きません。
肝心なときに借りられないようでは、カードローンとしての意味がなくなるのです。
借りすぎの経験を経てからは、積極的に返済をするようにして、残額は常に半分の15万円以上残すように心がけています。
参考サイト>>>今すぐにカードローン審査ガイド|今日中にお金が必要なあなた!

関連記事

Comments are closed.